中古マンションの魅力・選び方・購入方法をまとめたサイトです。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 売買契約の場面

売買契約の場面

手付金はいくら用意するのか

中古マンションを購入する際に必要となる手付金は、不動産売買契約時に支払います。不動産売買契約は、購入申し込みをしてから、1週間程度で行われます。

売主が責任を負う瑕疵の範囲は

中古マンションの不動産売買契約書・重要事項説明書に瑕疵(かし)の責任について書かれています。瑕疵の責任とは。

重要事項説明書に書かれてないこと

中古マンションの購入で、重要事項説明書は、不動産仲介会社が決められた様式に従って、必要事項をまとめてくれます。しかし、これだけで安心はできません。重要事項説明書に書かれていないこととは。

重要事項説明書のポイント

中古マンションの購入で、重要事項説明書は、専門用語で難しい。でも、最低ここだけは見ておきたい部分。重要事項説明書を見るときに外せないポイントは。

売買契約は事前に書類確認を

中古マンションの購入で、不動産売買契約書に署名捺印してしまうと、もう後戻りはできません。

長期修繕計画を見て

中古マンションの購入で重要事項説明書の中の、「計画修繕積立金」ってどう見るの。

不動産登記簿閲覧のための手続き

中古マンションの購入をしようとする物件について、不動産登記簿謄本を自分で入手してチェックすることができます。不動産登記簿の入手方法とは。

管理規約・使用細則を見て

中古マンションの購入で重要事項説明書の付属書類として添付されている、「管理規約」があります。「管理規約」にはどんなことが書いてあるの。

管理費等の滞納はないの

中古マンションの購入で重要事項説明書の中に、「計画修繕積立金」「通常の管理費」の項目があります。この項目で、滞納の有無を表示してあります。滞納「有」になっていたら。

不動産登記簿から分かること

中古マンションの購入で、不動産登記簿は重要な確認ポイントです。不動産登記簿から分かることは。

1 2 »
PAGETOP
Copyright © かしこい!中古マンション購入 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.