中古という選択肢

中古マンション購入物件の資産価値は

投稿日:

自分で住むためであったり、賃貸運営や転売などの資産運用をするために中古マンションの購入を考えるならば、その物件の資産価値はどうなっているのが気になるところです。

基本的にマンションというのは、年数が経過すればコンクリートや設備などが老朽化していきます。そのため資産価値が落ちていきます。それゆえに固定資産税でも新築マンションであったときに比べて中古マンションとなれば評価額が安くなるとして、税負担が軽減される仕組みになっています。

ただ、中古マンションの資産価値というのは、いろいろな要因が影響をしているので物件によっては下落の幅が少なかったり、それどころか上昇することさえあります。資産価値に関わる要因として挙げられるのは、「立地」「建物の状態」「管理体制」です。

立地は周辺に学校や病院など生活に必要な施設が揃っていることもそうですが、最寄りの駅が再開発をしているために周辺の地下が上昇しているといったこともあります。そこに好景気が重なれば新築よりも高い中古マンションになることも珍しくありません。

スポンサーリンク

建物の状態は、こまめに手入れが行き届いてれば、劣化の度合いは少なくなります。そして部屋が広かったり日当たりの良さ、共有スペースの充実、高いセキュリティなどが維持されていれば、そこに住みたいという需要が高くなり中古マンションでもそれなりの値がつくようになります。

管理体制は、建物の状態を維持するために必要不可欠な要素です。日々の管理業務はもちろんのこと、10年、20年くらいの期間をかけて計画し実行していく大規模修繕を成功させるためには管理組合が動いてくれなかればできません。お金を集めて時期が来たら必要な箇所の修繕をするために業者の手配をするというのは、非常に手間の掛かる仕事だからです。もし、管理体制がおろそかになれば、建物の老朽化が進みいずれは壊れてしまうということで、誰も買いたいとは思わなくなるでしょう。資産価値を把握したいのであれば、管理組合・管理会社のことも忘れずに調べることが必要です。

売買契約に関する記事一覧

-中古という選択肢
-

Copyright© かしこい!中古マンション購入 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.