管理人のコラム

親子ローンの種類

更新日:

2a_yukata02_03

親子リレーローンと、親子ペアローンの2種類が、親子ローンにはあるといいます。

親子リレーローンは、最初は親が住宅ローンを返済し、途中で子どもが返済を引き継ぐというものです。同居を親子がするという前提で、子が親の連帯債務者になる必要が、親子リレーローンを組む場合にはあるようです。子どもの収入も合算して、親の収入の範囲ならローン審査を受けることが可能なことが、親子リレーローンの利点です。親だけ、子だけでローンを組む時よりも借入金を増やすことができますので、家族全員で新しい家に住むことが可能です。とくに親子リレー返済の中でも人気なのが、住宅金融支援機構のフラット35で取り扱っているローンです。

スポンサーリンク

もうひとつ親と子がそれぞれ融資を受け、一緒の家を買う資金にするという親子ペアローンというものがあります。親子ペアローンでは、子が親の、親が子の連帯債務者になります。単独債務者に親と子がそれぞれなって返済をするのが、リレーローンとは違うところです。ふつうのローンより高額の借り入れが可能なのは、ペアローンの場合も、それぞれの収入によってローンを利用することができるからです。親子の双方が、固定資産税の軽減をはかることができるという利点もあります。

親子リレーローンと親子ペアローンのどちらがいいかを、きちんとそれぞれの特徴を分かったうえ検討することをおすすめします。

-管理人のコラム
-, ,

Copyright© かしこい!中古マンション購入 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.