管理人のコラム

住宅ローンを利用する時には、諸費用のシュミレーションも

更新日:

2i_trekking_01

住宅ローンをシュミレーションする時には、住宅購入に必要な諸費用を計算してくれるものもあります。

住宅ローンというと、どうしても毎月の返済額や借り入れ可能額が気になり、諸費用についてのシュミレーションをしている人は少ないようです。返済額や金利にとらわれて、住宅を購入する時に必要な諸費用については忘れがちになるので、一度確認することをおすすめします。

諸費用といっても、住宅ローンで借りる元々の金額が大きいので、諸費用もあわせると結構大きな金額になるので、注意が必要です。住宅ローンを利用するときは、想定外のことが起きないようにシュミレーションをしておきましょう。実際に住宅を買って見なければ、気づかないようなところにも費用は発生します。

スポンサーリンク

家を買う時には、必然的に融資手数料、住宅ローン保証料のほか、所得税、登記手数料がかかります。他にも、水道加入金、解体工事費、、火災保険、引越し費用など必要に応じて支払わなければならない費用も多々あります。

特に住宅ローンを組んだ事が無い場合には、なかなか知ることが出来ない費用に、保険加入の費用があります。住宅ローンを借り入れた人が万が一事故などによって収入が無くなり、返済できないといった場合に備えて必要になるものです。

住宅ローンを組む時に、頭金をいくらか用意する人がほとんどだと思います。土地や住宅の費用以外にも諸費用が必要になってくるでしょう。ローンを組む時にかかる費用と、毎月返済しなければいけない費用をシミュレーションではっきりさせておくことで、不測の出費が発生するような事態を避けることができ、スムーズに住宅ローンが利用できます。

生涯で何度もない大きな買い物になりますし、完済まで時間がかかりますので、住宅ローンを組む時にはシミュレーションを十分にておくことが大事です。

-管理人のコラム
-, ,

Copyright© かしこい!中古マンション購入 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.