資金計画

住宅ローンのシュミレーション

更新日:

p_tensyoku_01

住宅ローンを組む時には必ずローン返済のシュミレーションをしてみることをおすすめします。住宅ローンのシュミレーションというのはなんでしょうか。

返済額の試算、借り入れ可能額の試算、ローンの繰上げ返済の試算などをすることです。返済プランの比較、いくつかのローンを組み合わせた場合の試算ができます。手数料なども含めて、全額返済する時の返済方法をシュミレーションできるものもあります。シュミレーションをすることで、毎月どのくらいの返済ができて、最終的な返済総額がいくらになるかもわかります。

スポンサーリンク

住宅ローンと言うのは返済金額が大きいのはもちろんのこと、ローンの諸費用も思っていた以上にかかると言われています。住宅ローンを組む予定があるのであれば、まずはシュミレーションをしましょう。借り入れ可能な額はいくらか、毎月いくらまでならば返済が可能なのかをシュミレーションしてみるといいと思います。

一般的に銀行や金融会社などでは、住宅ローンの返済額は年収の25~35%を上限にしているところが多いといわれます。年収の35%より多い返済負担になると、家計への圧迫割合が余りにも大きくなりすぎて、返済が安定しないことがあるためです。年収に対して、何%の返済を年間の返済として設定するかが、住宅ローンのシュミレーションでは検討テーマになります。

-資金計画
-, ,

Copyright© かしこい!中古マンション購入 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.